排水管の水漏れはなぜ起きるのか

排水管の水漏れはなぜ起きるのか 一般家庭においての排水管 水漏れはなぜ起きるのかを把握することの意味は大きいです。台所の流しや洗濯機の水回りをはじめ、お風呂やトイレなど毎日使用する部分は、詰まりや水漏れが起こることが少なくありません。原因を把握し、できるだけ起きないようにするのが望ましいです。また、異常があるときにはすぐに業者に依頼するのも大切なことです。

■お風呂とトイレの詰まり

排水管の水漏れの代表的な箇所となるのがお風呂とトイレです。髪の毛などがそのまま排水管に流れてしまうことが詰まる原因となります。石鹸やシャンプーなどには油脂が含まれているので、自然と排水管のなかはドロドロになってしまうものです。放置していると詰まりの原因となってしまうため、定期的なメンテナンスを行うのがおすすめです。自分で行う方法もありますが、業者に依頼して対応するのもひとつの手です。
トイレの詰まりで代表的となるのは、便器が詰まることで水が流れずにあふれてきたというケースです。この場合は業者に依頼して特殊なポンプをかけて流れるようにするのが一般的な方法です。また、便器にものを落としてしまったことで水が流れずにあふれてきた場合は、便器を外して詰まったものを除去する必要があります。

■流しや洗面や洗濯の詰まり
流しの詰まりは油汚れが原因で、水が流れなくなってしまう場合もあります。状況にもよりますが、業者に依頼するとワイヤーを入れるという方法で解消できます。洗面の詰まりに関しては、髪の毛などが排水管に流れて詰まってしまうのが原因になります。お風呂の詰まりと同様に油脂を使用しているため、使用するうちに排水パイプのなかはドロドロの状態になるものです。この場合も管を外してワイヤーを入れて対応していきます。
洗濯の詰まりは洗濯物の糸くずやほこりが詰まって起こります。洗濯パンから水がどんどんあふれて階下へ水漏れしてしまう場合もあります。自宅内だけのことではなく、周辺住民に迷惑をかけてしまう可能性もあることを覚えておいた方がよいでしょう。

■二次被害でリスク拡大

排水管の水漏れはさまざまな箇所で起こりえるものです。建物の老朽化が原因で起こった場合は、修理費用や賠償費用は管理会社が対応してくれる場合もありますが、自己負担になってしまう可能性もあります。集合住宅の場合は定期清掃を行っている場合もありますが、不在などが理由で断ってしまうと、マイナス評価を受けることもあります。
排水管の水漏れを見つけるのが難しい理由としては、水漏れ検知器が標準装備されていないこともあります。いざ排水管の水漏れが発生したときには、すぐに業者を呼ぶのが最も確実な処置となります。迅速な対応をしないと被害が拡大し、二次被害を引き起こしてしまうこともあります。日々の生活で予防できる部分もあるので、定期的なメンテナンスを行うようにしましょう。管理不行届きと判断された場合、自己負担の可能性も高まります。アパートとマンションなどの集合住宅で生活をしている方は特に気を付けた方がよいでしょう。簡単なトラブルなら自分で直すこともできないわけではないものの、事態を悪化させてしまう可能性もあります。休日や夜間でも対応してくれる業者も少なくありません。また、出張見積もりが無料であるのも安心できる理由になります。いずれにしてもまずは業者を頼るようにしましょう。

■まとめ
排水管の水漏れはいつどの箇所で起こるか分からないものです。二次被害になってしまうこともあるため、迅速に対応することが大切です。まずは業者に依頼して対処してもらうのがよいでしょう。何が原因であるのかを把握すれば、簡単なものなら自分だけでも対応できる場合があります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース