排水管の水漏れトラブル!自分で対応可能?

排水管の水漏れトラブルが発生した場合、自分で対応するにしても業者に依頼するにしてもまずは原因を知るのが肝心となります。そして、簡単に直せるトラブルの場合は自分で対応することも考えた方がよいでしょう。一度も経験がなくても覚えておくと役に立つことがあります。

■用意しないといけないもの

排水管の水漏れトラブルを自分で解決するためには、ゴム手袋とウォーターポンププライヤーが必要になります。結合部の緩みが原因の場合はナットの緩みを解消すれば水漏れを改善できます。より強固にナットを締めることができるのがメリットです。締め直しても改善できない場合は、部品が劣化してしまっている可能性もあります。
パイプのなかから水漏れをしている場合は破損の疑いがあります。新しいパイプに交換するのが確実ではあるものの、金属用の接着剤を使って穴をふさいで解消することが可能な倍もあります。どの箇所かを判断するためには、一度水を流して漏れ出している箇所を確認しましょう。

■簡単な予防方法とは

排水管の水漏れトラブルは、日々の生活のなかで継続して予防するかで頻度は大きく変わっていきます。キッチンでは油を流さないように心がけるのがそのひとつです。また、定期的に排水トラップの清掃も行うのがよいでしょう。3か月に一度程度、洗浄用の液体クリーナーをパイプ内に流し込み、溜まった汚れや脂分を除去します。排水管や排水口が詰まると汚物があふれ出てしまい、悪臭の原因となってしまうため、きちんと予防することが大切です。




■まとめ
排水管の水漏れトラブルが発生したときには、状態によっては業者に依頼しなくても自分で対応できる場合もあります。また、日々の生活のなかで適切な予防をしておくことで排水管の水漏れトラブルそのものが少なくなるので、メンテナンスにも気を配りましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ